足の親指 

五十肩のリハビリが欠かせないものになりました。それとは別にどうにも歩きにくいと感じていました。特に足の親指が痛くて地面を蹴るなんて歩い方出来ません。もしかしたら「あれ」

そうなんです。「あれ」は「巻き爪」だったのです。爪が指に食い込んでしまい痛くて歩けなかったのです。で、皮膚科へ行きました。最初はテープで固定、自分の指でも上手にテーピング出来ないので、リハビリついでに整形外科で巻いて貰っていました。が、今度は爪の逆側が痛みだし再び皮膚科へ行きました。今回は炎で焼いたピンセットで根気よく爪を食い込みから外し長い部分の爪を削り、爪と指の間に脱脂綿を挟み瞬間接着剤で固める作業をしました。痛くない感覚は久しぶりの事でしたので感激、歩幅は小さいけれど歩けるようになりました。

あんなに痛かった腰がグンと楽になったのは「巻き爪」の治療のおかげだろうと思います。これでやっと五十肩のリハビリに専念出来ます。早く腕をブンブン廻したいです。